ホームページのご利用にあたって


プライバシーポリシー等


当ホームページの趣旨


九河堂針灸院のホームページをご利用していただくにあたり、下記をお読み下さいますようお願い致します。

自分も以前、治療院(鍼灸、マッサージ)や整形外科のリハビリ、整体、カイロなどに通ったことがありました。
当時はインターネットが発達する前で、電話帳や知り合いの口コミなどで、よさそうなところを探して行ったものでした。
しかし、事前の情報が少ないのでいろいろ大変でした。
たとえ他者にとってよくても自分にとってよいとは限りませんし、どういった施術をするかといった説明もないままベッドに横になり、施術を受けるのは不安なものでした。

治療院によって考え方もやり方も千差万別です。
そのため実際に施術を受ける前に、その治療院の考え方(目的や方針)や手段(手法)等を調べるのはとても大切なことだと考えています。

それは「すぐ治る」「難病が治った」といった派手な宣伝文句や患者の声、肩書きなどに釣られて飛びつくのとは対極の行動です。
まず自分自身にとってどのような取り組みが適切なのか考え、それに合ったアプローチを選択する必要があります。
初めて行った治療院で口頭で説明されるよりも、家で文章を読む方が落ち着いて情報を精査し、熟考できると思います。

このホームページは主にこれまでの体験や経験を基に現在の自分の考え書いています。
元々、自分の学びの記録として書いていたこともあって、いいことばかりではなく率直に書いています。
作用機序は自分には分からない症状が慢性的なら基本的に回復も時間や回数がかかる回復の途中で症状が行ったりきたりするなど)

文章の拙さのため、また言葉では伝わらないことも多いため、分かり難い部分があるかと思います。
しかし、たとえ書いてあることが理解できなくても施術を受ければ変化は生じます。

また、
「ここに書いてあること、ここでやっていることが絶対正しい」、
「皆がこのようにすべき」
などと押し付けるつもりはありません。
「ここ(自分)の施術が一番(最高)」
などと自惚れるつもりも虚勢を張るつもりもありません。

鍼灸治療の中でさえ様々な考え方・やり方があり、数多くの組織(団体)があります。
また、同じ組織や団体の中でも施術者によって異なります。
何か一つが絶対正しくて他が間違っているということではありません。

もちろんここの鍼治療は自分が探し求めてきた中で最も効果があり、心底納得できた方法をベースにしています。
しかしそれは他の施術者の方々も同じことを言うでしょうから、よく吟味してご自分が納得できる手法を選択して下さい。
そして自分としても、ここの鍼治療の考え方や手法などを読んで納得された方に鍼をしたいと考えています。

以上をご理解の上でのご利用を宜しくお願い致します。



個人情報保護方針


九河堂針灸院では個人情報の保護に関する法令(個人情報保護法)を遵守します。
当院でいただいた個人情報は治療を提供する目的にのみ使用させて頂きます。
ご本人への連絡・説明以外では、

・医療機関と連携する場合
・ご家族への説明など業務の遂行上必要な場合
・法律又は官公庁の要請により開示が必要な場合

においてのみ使用いたします。

また、当ホームページではページの閲覧数などを確認するためなどの目的でアクセス解析ツールを利用しています。
ツールで収集しているトラフィックデータは個人を特定するものではありません。
但し、著作権の侵害や名誉毀損(誹謗中傷)といった違法行為を発見した場合、司法にアクセスログやIPアドレスを提出したり、プロバイダーに対して発信者情報開示請求を行う場合があります。



免責事項

当院は当ホームページを利用したことにより、利用者の皆様に生じたいかなる損害についても責任を負いません。
情報を掲載する際は細心の注意を払っておりセキュリティ対策もしておりますが、情報の誤りや第三者によるデータの改竄などによって生じた問題などに関しては、当院は一切責任を負うものでないことをご了承下さい。
インターネットの中断や運営の停止、そして当ホームページの構成、アドレス、掲載情報等を予告なしに変更または中止・削除する場合があることをご了承願います。
実際にホームページ開設以来、より読みやすくするため、そして鍼の臨床を踏まえて文章を日々更新していますし、構成も変えています。
但し、基本的な部分(考え方ややり方)は変わっていません。



著作権など

九河堂針灸院のホームページに掲載されている情報は、著作権の対象であり法律によって保護されています。
当ホームページ上(blogを含みます)の文章や画像などコンテンツの無断転載、転用、複製などは禁じます。
(当ホームページの写真やイラストは、当院で作成したもの、使用料を払っているもの、承諾を頂いたもの、承諾が不要なもの、を適宜使用しています)

著作権侵害や誹謗中傷(名誉毀損)に対しては発信者情報開示請求などを通じて法的手段で対応します。
こういったことは殆ど同業者によるもので、一般の方はあまり関係ありません。

ここで書いている考えに対して異議や異論がある方がいるのは当然のことだと思いますが、そういったことと誹謗中傷(名誉毀損)とは異なります。
たとえ自分とは考え方や手法が異なっていても、自立して深く掘り下げている方とは意見交換等をさせて頂いています。


ページトップへ戻る



目次


Copyright©2012 Kyugadou acupuncture room. All rights reserved.
当ホームページ上のコンテンツ(文章など)の無断転載は禁止します。