治療方針


当院の鍼治療の方針について

“自分の身体的体験を熟知すると、事象の解釈がどの程度「感じ」方によって形成されるかをいっそう学ぶことができるようになる。”

サイモン・H・フィッシャー著 「からだの意識」より

当ホームページをご利用していただくにあたり、まずはこちらのページの「ご利用前に」をご確認下さい。

  1. 治療方針
  2. 頻度や回数の考え方




治療方針

当院の鍼治療は短慮性急な即効を求めるのではなく、少しずつ効果を積み重ねていく地道なアプローチです。
そしてターゲットは皮膚表皮(体表)です。
体表は観察対象であり、施術対象となります。
体表から全体の調子を整えて症状を改善していくとともに、治癒力の障害となる緊張や疲れを解消する能力の向上が目標となります。


心身の機能は緊張状態が続くと様々な影響を受けます。
それは治癒の障害となり、緊張自体が症状となって現れます。
しかし慢性的な緊張や疲れといった問題は習慣化され、無自覚になっています。
心身に問題が現れても自分が力を入れ続けていることに気づかないため、緊張を解除(解消)することができません。

また、緊張や疲れを何となく感じていても、

 ・身体(体表)のどこを緊張させているのか判らない
 ・いつ(どのような状況・場面で)緊張させているのか判らない
 ・なぜ(何に対して)緊張させているのか判らない

などの場合もあります。
緊張状態が継続することで変化しないものは次第に認識できなくなり、身体感覚の知覚が部分的に閉ざされていきます。

習慣的な緊張状態は自覚できないだけでなく、自己イメージと結びつくことで更に強固になっています。
記憶を基にしている自己イメージは、”イメージ”であり対象ですが、そのように認識できない部分が不要な緊張と結びついています。
そして、その緊張状態(自己イメージ)を維持・存続させようとする力がはたらきます。
そのため緊張状態を変化させようとすると、強い抵抗が生じます。
基本的には年齢が上がるにつれて変化への抵抗は大きくなりますし、緊張や不安の程度にもよります。

そのような慢性的な緊張を解く要所が体表であり、皮膚感覚です
体表は身体内部と外界との境界であり、自己イメージと密接に関連しています。
そして意識できなくなっている体表(境界)部分は慢性的な緊張(分離の感覚)と関連しています。
なかでも体表のツボはその要点であり、盲点となっています。
変化への抵抗や緊張が強く大きいほど、体表のツボへの明確に認識できない刺激(弁別下刺激、閾下刺激)が重要になります。
(盲点となっている体表のツボに強い刺激をすると、長期的には緊張状態が強まっていきます。)

体表のツボに鍼が触れると、ツボは反応(変化)して全体へ波及します。
ほとんど刺激を感じないため、意識の境界領域で変化が起こり、変化に気づくまで間(ま)が生じます。
そして身体感覚を再認識し、それまでとの差異を感じとります
(多くの場合、最初に気づくのは筋緊張の変化です)
それは識別(情報の更新)となり、意識できなかった心身の現状とそれまでの緊張状態が認識されます。
対象として意識可能となることで、理解が進んでいきます。
一度の施術で痛みがどれだけ減ったか、どれだけ動かせるようになったか等よりも、緊張に気づくこと(自覚)の方が重要であり、根本的な解消への第一歩となります。

生じた変化は習慣の根強さと識別力や理解力などとの関係に応じて、次第に元の状態へ戻されていきます。
しかし、よい状態の感覚(普段の状態との差異)は忘れず、その差を埋めていくプロセスが(ほとんど自動的に)始まります。
身体を通じて学んだことは、頭で忘れても失われることなく積み重なっていきます。
施術によって生じる体表感覚と心身の変化に対する観察を続けていくことで、無自覚に行っていた緊張の習慣・癖(※1)・パターン・傾向を明確に認識していきます。
そして「もう緊張している必要がない」という理解が深まり、以前感じたこと(記憶)とつながっていた反応(緊張)が弱まっていきます
理解に伴ない、抑えられ偏っていた心身の機能が回復し、緊張や疲れへの対応が以前よりスムーズになります。

そういった理解は検査数値や、「○○筋が緊張している、ここにコリがある」などといった結果に対する知識とは異なります。
結果の知識は目安としては役に立っても、実際に自身の習慣的な緊張を解く場合には殆ど役に立ちません。
緊張を解いていくためには、そして自身で鍼の効果を再現できるようになるには、理解していくことが大切です。
理解するには、何か強い刺激で感覚を麻痺させるのではなく、緊張で閉ざされた皮膚感覚の知覚(再認識)が必要になります。
(単に「気持ちよい刺激=快感」でもありません。それは皮膚感覚の記憶への新たな執着となって緊張を生み出します。)
理解を通じて起きるのは、より無理のない状態の学習であり、緊張の習慣からの脱学習です。

そして東洋医学的には「気の滞りを解消していく」と言えます。
東洋医学では様々なはたらきを総合的に「気」としています。
水が高い所から低い所へ流れ、電気が電位の高い所から低い所へ流れるように、気も流れています。
川に障害物があれば水の流れが妨げられるように、皮(皮膚)(※2)に緊張があれば気の流れは妨げられます。
そういった障害を除去すること、緊張や疲れを解くことで流れはよくなります。

はじめは意識できなくなっている心身の状態に気づくところからスタートして、よい状態がより長く、広く、深くなっていくことを目指していきます。
施術後のよい感じが点から線へと少しずつ繋がっていき、それが普通の状態となり、更に底上げされていきます。
落ち込むことがあっても、以前より自然と心身の偏りが調整されるようになり、ひどい状態が減っていきます。
それに伴ない、少しずつ施術を受ける必要性が低下し、自立していくことになります。
以上が当院の鍼治療の方針です。



(※1)「癖」はやまいだれに”辟”、”辟”には「中心からそれる」等の意味
(※2)「疲」はやまいだれに「皮」

ページトップへ戻る





頻度や回数の考え方

当院の鍼治療は強い刺激で一時的に感覚を麻痺させるわけではありません。
緊張や疲れを解いて、全体のバランスを回復していくためのアプローチです。
そのプロセスは基本的に何かの練習や学習と同じです。
続けていくことで次第に変化が現れて定着していきます。
それは自転車に乗れるようになっていく過程とよく似ており、自発性や自主性が大切なことも同じです。
改善の主体はあくまで本人であり、鍼は識別力を高め問題を解決していくサポートです。



そのため、次回予約の強要などは一切しておらず、その方のペースを尊重します。
以下は通い方を質問された時にお答えする当院の基本的な考え方です。
(施術を受けられた後、具体的に聞かれた場合は施術で得た情報を踏まえてこちらの意見をお伝えする場合もあります)

鍼治療を受ける回数頻度は個人の状態(現在の症状や回復のスピード)や状況(周囲の理解や経済的状況)によります。
できれば、最初は間隔をつめて変化(効果)を確認するとよいと思います。
それで方向性が合っていると感じたら、その後は週1回(もしくは2週に1回)など度定期的に続けていくのが効果的だと感じています。
よい状態が続けば少しずつ間隔をあけていくこともできます。
基本的に年齢が上がるにつれて変化への抵抗が大きくなります(緊張や不安の程度にもよります)。
若い方が変化は早いのは確かですが、たとえ高齢でも続けていけば変化は生じます。

続ける間に途中浮き沈みがあります。
最も気になっていた問題が気にならなくなることで他の問題が気になりはじめたり、それまで意識できなかった問題を認識することもあります。
よくなってきた問題が何かの出来事をきっかけに後退することもあります。
改善の途中で行ったり来たりすることもありますし、それまでできていたことが一旦できなくなることもありますが、そういった期間にそれまでの枠組みが再編され次のステップに進んでいきます。
それらの変化を乗り越えながら、全体として少しずつよくなっていきます。
特に慢性的な問題の場合は回復過程において山も谷もありますが、越えていくことでそれ以前よりよくなっていきます。

一ヶ月に一回でも、一年に一回でも、身体が微細な刺激で心地よい方向へ変化した体験はどこかに残ります。
そして理解が深まっていくことで効果が定着していきます。
たとえ一回だけでも、既にその方に準備ができていた場合は変化のきっかけとなることもあります。
方向性を知ること、可能性に気づくことは、その後ご自身で改善していく力となるでしょう。


ページトップへ戻る


         
    次のページへ


目次


Copyright©2012-2016 Kyugadou acupuncture room. All rights reserved.
当ホームページ上のコンテンツ(文章など)の無断転載は禁止します。