代表的な効果2


体表の鍼の効果について

“しかし接触を熟知し理解して、平安を楽しむ人々は、実に接触がほろびるが故に、快を感ずることなく、安らぎに帰している。”

ブッダのことば(スッタニパータ) 中村元訳より

※当ホームページをご利用していただくにあたり、まずはこちらのページのご利用前にをご確認下さい。

  1. 包括的な効果
  2. 慢性的な筋緊張
  3. ストレス
  4. 生活習慣病



4.生活習慣病に対する効果


体表の鍼治療はその人の状況や状態に応じて多様な変化を生じさせます。
身体の働きに一時的な影響を及ぼすだけでなく、続けていくことで習慣も変化していきます。
そのため長年の習慣と結びつきが強い生活習慣病の改善や予防に対して効果があります。

厚労省では生活習慣病を「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」と定義しています。
そういった生活習慣に加えて、感じ方や考え方、人とのかかわり方(関係性)など精神的な部分(習慣的なストレス)も関連すると当院では考えています。
習慣が変化していかなければ、たとえ薬を飲み続けても病気の根本的な改善は望めません。
しかし無理に習慣を変化させようとすると強いストレスになり、逆に強まってしまうこともあります。
鍼治療を続けていくとそういった習慣が自然と変化していきます。

たとえば鍼治療を続けていくことで、食事や嗜好品が変化していくことはよくあります。
食事が少しでいい人は少しに、もう少し食べた方がいい人は多めに、そして好みなども変化してその人の現状に合っていきます。
たとえば糖尿病の方に鍼治療を続けていくと、肉は食べられるのに自然とご飯の量が減っていくことがあります。
話を聞くと、本やインターネットで読んでそうしたわけではなく、ご飯を多く食べると食後に気分が悪くなるので少なめに抑えるようになったとのことでした。
鍼治療を受けることで、それまで気づかなかった気分の悪さを感じ取れるようになってきたため、自身にとって適切な物を、そして適切な量を、自然と選択するようになります。

また、根本のストレスが減っていくので(代表的な効果:2.ストレス参照)、一時的なストレス解消、気持ちを切り替えるため、落ち着くため、 他者に合わせるため、などの理由で

などの必要性(依存性)も低減していきます。
特に、ここで鍼を受け始めてから長年飲んでいたコーヒーを飲まなくなった(飲めなくなった)という人は多いです。
元々胃腸が弱く、あまり身体に合っていなかったのにコーヒーを飲み続けていた場合、鍼を受けていくことで自然と飲まなくなっていきます。

運動も同じです。
その人にとって無理のない必要な運動を自発的に行うようになります。
特に他者からのアドバイスによる運動は、はじめる前によく吟味しなければいけません。
たとえば姿勢が悪い(猫背)ということで、背筋を伸ばすことや肩や顎を引くことや運動(筋力トレーニング)をアドバイスされる場合があります。
しかし、元々無理な力が入っているから(慢性的な筋緊張があるから)猫背なのであって、それを正そうと他の場所に力を入れたところで悪化するだけです。
また、高過ぎる目標を設定し、それを無理に消化しようとすることで膝や腰などを痛めるケースは多いです。
「不必要な力が入っている」と気づくことで自然とバランスは取れていきますし、”自分にとって”本当に必要な運動を行うようになります。

そして過労(オーバーワーク)も減っていきます。
身体状態や疲労に気づきやすくなることで落ち込みの程度が少なくなり、回復も早くなります。
自己肯定感や自信が向上してくるため、外的な(他者からの)評価を気にし過ぎて無理に活動することが減っていきます。

長年服用している薬なども習慣の一つに入ると思います。
薬には多かれ少なかれ副作用があり、多種多量の薬を服用し続ければそのリスクは上がります。
鍼治療はそういった薬の副作用などにも効果を発揮し、吐き気や胸のムカツキ、腹痛といった不快症状を和らげます。
放射線治療による副作用(悪心・吐き気など)に対して、一般的な薬と刺す鍼・刺さない鍼を比較した海外の実験では、鍼治療はどちらも薬より効果が出ているようです。(※1)

また、鍼治療により身体が活性化していくと、それまでよりも薬が効きやすくなってくる(薬の必要性が低下してくる))ことがあります。
そして継続的に飲んでいた薬やその量が合わなくなってきたり(きつく感じたり)、それまで出なかった副作用が出てきたりすることもあります。
そのような場合は主治医に相談して下さい。
ほとんどの医師は検査数値や症状が改善、もしくは安定していれば、
「ちょっと薬がきついようです」
などと伝えれば減らすと思います。
当院で薬について指示を出すことはありません(法的にできません)。
もし減薬・断薬をされるのであれば、信頼できる医師と相談しながら、身体の変化を感じながら、少しずつ着実に進めることをお勧めしています。

鍼治療を続けると、それまで通っていた医者や病院を変えることも多いです。
そういった選択(のパターン)もひとつの習慣と言えます。
セカンドオピニオンの考え方は広まってきていますが、医師という専門家の中でも意見が異なることは多くあります。
そして薬や治療法などに対する考え方も様々です。
その中で「治療方法や担当医師が自分自身に合っているか」をより重視するようになっていきます。
他者との関係性の基準(習慣)が変わることで、医師に一方的に従属するのではなく、本当に信頼できる医師を探すようになります。


■情報の統合

世の中「あれをしろ、これをするな」などといった情報が氾濫し、教える人はたくさんいます。
しかし誰にでも、いつでもどこでもどういった状態でも当てはまる正解はありません。
たとえ他の人に当てはまっても自分自身に当てはまるかどうかは分かりません。
大多数の意見やその時代の支配的な意見が必ずしも正しいわけではないことは、薬害や公害等の歴史を振り返れば明白です。
当院でも「何を食べたらいいか?」「運動はどうしたらいいか?」などと聞かれることもありますが、
「その時その場で身体の状態を感じて、それに沿って適切に」
としか言えません。
頭で考えて”決める”より、身体の要求に”気づく”方が無理がありません。
体表の鍼治療は自分で身体状態を観察し、身体の声に気づくサポートとなります。

それは何か”絶対的な正解”を教えて貰いたいと考えている人にとって、頼りないと感じるかも知れません。
子供の頃から常に外部から指示や正解を与えられ、それに従ってきた場合、大人になっても何か権威による強い意見に対して盲目的に従いたくなります。
身体の調子が悪かったり、病気で不安になっていたら尚更です。
しかし、そういった場合こそ慌てず、 「自分にとってどうか?」という観点で判断することが大切です。
(このHPに書いてあることも、ご自身で吟味してください)

また、他の人に効果があったというデータが事実であっても、その表現は様々です。
実際に論文を読まないと(読んでも)詳細は分からないことも多いです。
そのため信頼できそうな情報を自分自身で注意深く検討していくことも大切になります。
はじめは大変かも知れませんが、その方が間違いが少なく応用が利きます。
そしてその判断は次第に早く直感的なものになっていきます。

それまでの思いや習慣を一旦静めて、身体のシグナルに耳を傾けていくことが治癒へとつながっていきます。
大切なことは内側の自発的な感覚を静かに観察することであり、それは「西洋医学か東洋医学か」などといった問題よりも根本的な部分です。
そして判断の基準(センス)が変化していき、選択がより自然で無理のないものになっていきます


“ひとつ言えることは、簡単に「絶対これが正しい」というような人の言葉は、そのまま信用できない、ということだろうね。”

        「健康によい」とはどういうことか ナラエビ医学講座 斎藤清二著

(※1)「Acupuncture compared with placebo acupuncture in radiotherapy―induced nausea―a randomized controlled study」  Anna Enblom

ページトップへ戻る

         
    次のページへ


目次


Copyright©2012-2016 Kyugadou acupuncture room. All rights reserved.
当ホームページ上のコンテンツ(文章など)の無断転載は禁止します。